行ってらっしゃい、行ってきます。

一気に気温がダウンして、一緒に体調もダウンしたゆっきーです!喉がガラガラになってしまい、チェックインの際にご迷惑おかけしております。。

In Kyoto, it is getting colder and colder. so I got sore throat 🙁

Sorry for any inconvenient when you check-in.

 

家から楽座へ向かう時はもっぱら自転車で向います。最近は朝の風が冷たいです。

I always commute to RAKUZA by bicycle. Morning wind is so cold in Kyoto recently..

働いてすぐのころは「毎日違う道から帰ってみよ~」と思いフニャフニャと細い路地を通っては角から出てくるスーパーカブにぶつかりそうになっていたのですが、最近はすっかり同じルートに。

特に朝は時間が少ない事もあって100%決まった通り道になりました。川端通りの少し東側を南に抜けて宮川筋へ向かいます。

その途中、四条通と交差するあたりに大きなホテルが立つようで、早朝から工事現場のおじさんが青い服を来て車と人の誘導をしてらっしゃるのですが、このおじさんのパンチがすごいのです。おじさんはこっちを見て、すごく元気な声で「おはよーございます!いってらっしゃい!」と声をかけて下さります。親指をエドはるみバリにグッーーっと立てながら。朝の8時前から。

When I commute to RAKUZA in the morning, I often meet the man traffic contorol.

He always say to me “Good morning!  ※Itte rassyai!” with his thumb up when he see me.  ※this meaning is billow page:) .

イメージ図(by スタッフ タニヤちゃん)

drown by our staff tanya ;D

最初は急な出来事だったので「俺は何も見なかった」とばかりにスルーしていたのですが、毎朝会のに無視するのもあれなので「おはようございますー!」とか「ちわーー」と声をかける毎日なのです。

I also say to him “Hi~~” ,”hello” and so on when I met him.

俺「おはようごいまーす!」

おじさん「うぃ!いってらっしゃーい」(親指グーーッ!)

(違う人が通る時)「こっちへどうぞ!はい!どーぞ!」(親指グッ!)

I “Good morning”

He “Hi! good morning!” (thumb up!)

(Walking people)

He”Hi! this way! “(thumb up!)

 

いつかホテルが建って、おじさんが居なくなったら寂しくなりそうな自分がいます。これは恋。。。では絶対ちゃいますね、はい。

ところで、楽座ではフロントから出かけるお客さんに「いってらっしゃーい」って毎回声をかけています。海外の人にも「いってらっしゃ~い」。なんかそこは日本語で言いたくなってしまいます。たまに「今何か言った??」とフロントまで戻ってくる方もいて「ごめんね~」となりますが、やっぱり言ってしまいます。

By the way, We always say to guest going out “Itte rassyai! ” from front desk. I know, it is more better to say in English. but I like it “Itte rassyai!”.

 

ある時、海外のお客さんから「いつも出ていく時に掛けてる言葉って何?どう返事したらいいの?」と質問が。

One day, the guest from overseas asked me “what did you say to us when I go out ? what should I reply ? ”

少し考えてから僕は「I hope your safety travel」(旅の安全を願ってるよー)みたいな意味だよ。もし返答してくれるのなら『いってきます( Itte ki ma su)』だよ。意味は『I will come back safety』的な感じ!」

と答えるようにしています。せっかく日本に来てくれたのだから、ちゃんと無事帰ってきてほしいなぁと思いながら、フロントから声をかけています。

I was thinking little time  and answered  “Itte rassyai means like 『I hope your safety travel』.  If you reply , you say 『Itte ki ma su』. It means  like 『I will come back safety』”

Since you are here in Japan, mind as well I hope you come back safety.

So I say to you from front desk.

 

今日もフロントからいってらっしゃーーい!(親指グッ!)

Itte rassya—i! (thumb up!)