ちょっとした心意気だよね

こんにちはー。いよいよ暑くなってきて、雨の日は湿度98%!楽座のエアコンも本格稼働です!

今日はちょっとした事なのですが、嬉しい贈り物が楽座に届いておりました。

楽座ではホームページ上以外にもAirbnb(俗にいう「エアビー」ですね。)でもお部屋を販売しているのですが、こちらのカスタマーセンターの方から「いつも素敵な対応をありがとうございます」とプレゼントが届きました。

わざわざオーストラリアから国際郵便!手書きの手紙まで。

ちょっとしたサプライズ、粋な心意気。これがエアビーが利用者だけでは無く、ホスト側にも人気な理由なのかなぁと思いました(コロッとやられた)。このピンバッジはこの後スタッフが楽しく使わせていただきました。

ちょっとした心意気という話ではもう一つ。いつ行っても「あぁいいなぁ」と何度も思わせてくれるお店の話を。

ええ写真。

京都の野菜を使った居酒屋、おにかいさん。楽座のおすすめご飯マップにも載せています。よくスタッフの歓迎会などで使われてもらっています。

今回、スタッフのずんこさんが少し遅れてくるとのことで、小皿に料理を少し取っておいたのですが、スタッフの方がさっとその小皿を奥に引いて下さり、「あとでお連れ様が来られたらお出ししますね」と一言。「気きくなぁ」とみんなで話していると、ずんこさんが到着。ずんこさんが来たと同時にお皿を出して下さったんですが、綺麗に盛り付け直されて、さらに温め直して出して頂きました。

なんでしょうね!「ええっ!きれいに盛り付けてある!」「ひぇえぇ!しかもあったかい!」この粋なはからいの波状攻撃。やっぱり大好きになりますねぇ。

二つの出来事をみて思ったのは、エアビーは企業が大きい分、ある程度「ルール」として「こういう事があればプレゼントを送ろう!」と決まっているのかなぁということ。それと対照的におにかいさんは何となく、「とりわけたお皿があれば温め直して出しましょう!」って細かくルール化してるというよりは「お客さんが嬉しくなるような事をしましょう」っていう基本的な概念だけがスタッフで共有されてる感じがしました。

ゲストハウスは小さな店です。でも様々な人種国籍の方が訪れます。その中で「あらっ!うれしい!」と、来て下さった方に思ってもらうには、「○○の場合はこうする!」という行動指針よりも「目の前の人が快適に過ごせるようにするにはどうしたらいいか?自分で考えてみよう」という思考が大切だなぁと思いました。

さてさて、楽座も残り2ヶ月弱となりました。あと少し、最後まで来てもらった方に「あらっ、いいわねぇー」と思ってもらえるような、お店でありたいと思います。みんな来てねー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA