素敵な3年間。

こんにちわー。腰をやってしまっている店長ゆっきーでございます。いてぇです。

前回の記事、お読みいただけた方はご存じかとは思いますが楽座は9月10日をもって閉店の予定です。いや、本当に残念なことになりました。

2016年の春ごろに女将さんと出会い、なんだかんだ3年以上の月日を楽座で過ごさせてもらいまいた。マネージャー(店長)というポジションも自分には向いていたようで、いつも楽しく、本当に楽しく仕事させてもらいました。

「楽座のドミトリーで仲良くなって、最近彼女の国に行ったんです!」と報告して下さったお客様。来るたびにいつも山ほどお菓子のお土産を持ってきてくれる韓国のお客様。新年や災害が起きた時、最近だと元号が変わった時などにいつも「○○な事が起きたね!お元気ですか?」と気にかけるメールを下さるお客様。書き出すと本当にキリが無くて、そんな方々とも少し距離が離れてしまうのが寂しいです。やはり、場というのはそこに残り続けてナンボですね。私たちはいつもそこに居て、か細いけども確かに繋がっているお客様との関係を続けていく。そんな場で自分は働いていたのだなぁと、この文章を書きながら気付きました。

いつもの玄関。おかりなさい~。

そういう場が、こういった形で消えてしまうのは心苦しいですが、こんな素敵な場で働けたことは、僕の人生に本当に大切な出来ごとになりました。皆さま、ありがとうございました!

人生=旅な感覚の僕、楽座をきっかけに次の場所へ向かっていく時期が来たと思い精進していきます。あ、ちなみに楽座閉店後ですが、期間は未定ですが姉妹店の和楽庵の方に少し居る予定であります。もし和楽庵にお泊りの際はお話しましょう!

ということで、しみったれた話はここまでで、、次回は楽座の最後のニューカマースタッフのご紹介をしたいと思います!なんだかんだ言ってまだ4ヵ月も残ってますからね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA